Minecraft 1.17 アップデート内容まとめ ~ まいんくらふとにっき
MinecraftJE_Account_Migrate_banner.pngMinecraft_117_update_banner5.jpg

Minecraft 1.17 アップデート内容まとめ

Minecraft_117_update.jpg
Minecraft Java Edition バージョン 1.17の現状のアップデート内容まとめです



.


リリース予定:2021年の半ば(夏頃?)


追記(2021/01/17):
Snapshotでリリースされている要素については、項目の最初にアイテムやブロックのアイコンを付けています。
まだリリースされてはいませんが、MINECONにて発表された要素については、question32.pngのアイコンを付けています。




※2021/01/11時点での公式wikiからの情報をもとにまとめています。

※全てのアップデート内容を網羅しているわけではありません。
 予めご了承ください。

※アイテムやモブの日本語訳は私が勝手にしたもので、公式の訳ではありません。

※アイテムやブロックのテクスチャは最新のものではない可能性があります。

※画像は、クリックまたはタップで拡大表示できます。

※1.17 アップデートで、これらの内容がそのまま反映されるとは限りません。
 実際にアップデートされるまでは、参考程度に見て頂ければ幸いです。





.

ゲームプレイ関連

今のところなし





記事TOPに戻る


.

ブロック関連の新要素

新ブロック「Budding Amethyst(バッディングアメジスト)」の追加



Minecraft_117_update_51.png
「アメジストの晶洞」にて生成されます。
時間経過により、いずれかの面から「Amethyst Bud(アメジストバッド)」が生えてきます。
「バッディングアメジスト」自体はシルクタッチの効果でも回収できず、ピストンによって押されると壊れて無くなってしまいます。
サバイバルでは入手不可能なブロックです。

「アメジストブロック」と似た見た目をしていますが、中央にひび割れのような模様の入っているブロックが「バッディングアメジスト」です。


.

新ブロック「Amethyst Bud(アメジストバッド)」の追加



Minecraft_117_update_53.png
「アメジストの晶洞」にて生成されます。
時間経過により、「バッディングアメジスト」のいずれかの面から生えてきます。

Minecraft_117_update_54.png
生えたては小さな見た目ですが、時間経過で大きくなり、最終的に「Amethyst Cluster(アメジストクラスター)」へと変化します。
「アメジストバッド」の段階ではシルクタッチの効果でも回収できず、壊しても何もドロップしません。


.

新ブロック「Amethyst Cluster(アメジストクラスター)」の追加



Minecraft_117_update_55.png
「アメジストの晶洞」にて生成されます。
「バッディングアメジスト」から生えてきた「アメジストバッド」が最大まで大きくなった状態です。

Minecraft_117_update_56.png
Minecraft_117_update_57.png
鉄以上のツルハシで壊すと「Amethyst Shards(アメジストの破片)」が4つドロップします。
シルクタッチの効果でブロックのまま回収でき、幸運の効果でドロップ数が増加します。

光源ブロックとなっており、明るさは5です。


.

新ブロック「Block of Amethyst(アメジストブロック)」の追加



Minecraft_117_update_58.png
Minecraft_117_update_59.png
「アメジストの晶洞」にて生成されるほか、「アメジストの破片」×4でクラフトできます。
「バッディングアメジスト」とは異なり、鉄以上のツルハシで回収が可能です。

「バッディングアメジスト」と似た見た目をしていますが、中央にひび割れのような模様が入っていないブロックが「アメジストブロック」です。


.

新ブロック「Calcite(方解石)」の追加



Minecraft_117_update_60.png
「アメジストの晶洞」にて、「アメジストブロック」と「凝灰岩」の間に生成されます。


.

新ブロック「Tuff(凝灰岩)」の追加



Minecraft_117_update_61.png
「アメジストの晶洞」にて、「方解石」の外側に生成されます。


.

新ブロック「Copper Ore(銅鉱石)」の追加



Minecraft_snapshot_12w45a_11.png
鉄と同じように、地下に小さな鉱脈で生成されますが、この生成方法は今後変更される予定のようです。

Minecraft_snapshot_12w45a_12.png
精錬することで「銅のインゴット」になります。


.

新ブロック「Copper Block(銅のブロック)」の追加



Minecraft_snapshot_12w45a_13.png
Minecraft_snapshot_12w45a_14.png
「銅のインゴット」×9でクラフトできます。
「銅のブロック」から「銅のインゴット」×9に戻すこともできます。

Minecraft_snapshot_12w45a_16.png
時間経過により、徐々に酸化して青くなっていきます。酸化の段階は全部で4段階(最初の状態含む)です。
ゲーム内時間で50日~82日、現実の時間に換算すると16時間40分~27時間20分が経過するごとに次の酸化段階に進みます。

Minecraft_snapshot_12w45a_15.png
ハニカムとクラフトすることで、それ以上の酸化を防ぐ(その色で固定する)ことができます。

Minecraft_snapshot_12w45a_17.png
「切り分けられた銅」のクラフト素材になります。
同じ酸化段階のブロックのみ素材にできて、ハニカムとのクラフト状態(その色で固定する状態)も保持します。


.

新ブロック「Cut Copper(切り分けられた銅)」の追加



Minecraft_snapshot_12w45a_18.png
「銅のブロック」×4でクラフトできます。

Minecraft_snapshot_12w45a_20.png
時間経過により、徐々に酸化して青くなっていきます。酸化の段階は全部で4段階(最初の状態含む)です。
ゲーム内時間で50日~82日、現実の時間に換算すると16時間40分~27時間20分が経過するごとに次の酸化段階に進みます。

Minecraft_snapshot_12w45a_21.png
ハニカムとクラフトすることで、それ以上の酸化を防ぐ(その色で固定する)ことができます。

Minecraft_snapshot_12w45a_22.png
「切り分けられた銅の半ブロック」、「切り分けられた銅の階段」のクラフト素材になります。
同じ酸化段階のブロックのみ素材にできて、ハニカムとのクラフト状態(その色で固定する状態)も保持します。


.

新ブロック「Candle(キャンドル)」の追加



Minecraft_117_update_62.png
Minecraft_117_update_63.png
「糸」×1、「ハニカム」×1でクラフトできます。

Minecraft_117_update_64.png
染料とクラフトすることで、色付きの「キャンドル」にすることも可能です。
色を付ける前の「キャンドル」を含む、全17色となっています。

Minecraft_snapshot_12w45a_33.png
Minecraft_snapshot_12w45a_34.png
設置後、火打石と打ち金やファイヤーチャージなどで着火できます。
またシーピクルスと同様に、同じ場所に最大で4つまで設置することができ、1つ設置するごとに明るさが3ずつ増えていきます。

Minecraft_snapshot_12w45a_35.png
設置されたケーキにも立てることができます。
立てられる本数は1本までで、一口でも食べるとキャンドルはアイテムの状態に戻ってしまいます。


.

新ブロック「Dripstone Block(点滴石)」の追加


Minecraft_snapshot_12w48a_1.png
装飾用のブロックです。
現時点では自然生成されず、クリエイティブインベントリでのみ入手できます。


.

新ブロック「Pointed Dripstone(とがった点滴石)」の追加


Minecraft_snapshot_12w48a_2.png
現時点では自然生成されず、クリエイティブインベントリでのみ入手できます。
ブロックの上、または下部分に設置でき、「とがった点滴石」同士で重ねていくと、見た目がどんどん大きくなっていきます。

Minecraft_snapshot_12w48a_3.gif
ブロックの下に設置された「とがった点滴石」は、その支えとなるブロックが無くなった時、砂や砂利のように落下していきます。
この時、落下地点にプレイヤーやモブがいた場合、落下した高さに応じたダメージを与えます。

Minecraft_snapshot_12w48a_4.png
ブロックの上に設置された上向きの「とがった点滴石」に対して、1ブロック以上の高さから着地した(あるいは落下した)プレイヤーやモブがいた場合、高さに応じたダメージを与えます。
上向きの「とがった点滴石」の上でジャンプをしただけでダメージを受けるので注意が必要です。

Minecraft_snapshot_12w48a_5.png
ブロックの上に水源、あるいは溶岩源があり、そのブロックの下に「とがった点滴石」がある時、その「とがった点滴石」から水、あるいは溶岩の滴がポタポタと落ちてくるようになります。
この滴の落下地点に大釜が置かれている時、確率で水や溶岩が溜まるようになります。
この仕様により、このバージョンから溶岩が無限資源になりました


.

新ブロック「Powder Snow(粉雪)」の追加



Minecraft_snapshot_12w46a_4.png
「粉雪入りのバケツ」を使用することで設置できます。
設置された「粉雪」は空のバケツで回収できます。

Minecraft_snapshot_12w46a_5.png
Minecraft_snapshot_12w46a_6.png
「粉雪」の上に乗ったプレイヤーやモブは徐々に沈んでいきます。
沈んだままでいると、徐々に画面端が凍っていき、15秒後には凍結状態になります。

Minecraft_snapshot_12w46a_7.png
凍結状態になると、プレイヤーのHPが凍ったような見た目になり、3秒ごとに1のダメージを受けるようになります。
また、移動速度も通常より遅くなります。
「粉雪」から抜け出すことで、凍結状態が解除され、画面の状態も徐々に回復していきます。

Minecraft_snapshot_12w46a_8.png
革の靴を装備すると、「粉雪」の上に乗っても沈まなくなります。
その代わりにShiftキーで沈み、ジャンプキーで浮き上がってくる、足場ブロックと同じ移動ができるようになります。

Minecraft_snapshot_12w48a_6.png
また、全身を革の防具で固めると、「粉雪」に沈んでも凍結状態にならなくなります。


.

新ブロック「Tinted Glass(遮光ガラス)」の追加



Minecraft_snapshot_12w45a_28.png
Minecraft_snapshot_12w45a_45.png
「アメジストの破片」×4、「ガラス」×1でクラフトできます。
通常のガラスとは異なり、光を通さない非透過ブロックとなっています。

Minecraft_snapshot_12w45a_29.png
また、通常のガラスとは異なり、壊して回収することができます。


.

新ブロック「Clay Pot(土器)」の追加


Minecraft_117_update_44.jpg
粘土のような見た目を持つ壺状のブロックです。
最大で8個までの「Ceramic Shards(陶磁器のかけら)」を組み込むことができます。

Minecraft_117_update_45.jpg
Minecraft_117_update_46.jpg
火にかけることで焼き上がり、色も変わります。
どのような効果を持つブロックなのか、現時点ではまだ明らかにされていません。


.


新ブロック「Glow Berry Vines(かがやくベリーのツル)」の追加


Minecraft_117_update_5.jpg
「Lush caves(緑豊かな洞窟)」にて生成される、光源として機能する植物です。
「Glow Berries(かがやくベリー)」が採取できます。


.


新ブロック「Spore Blossom(スポアブロッサム)」の追加


Minecraft_117_update_4.jpg
「Lush caves(緑豊かな洞窟)」にて生成される、ピンク色の植物です。
天井(ブロックの下部)に設置できます。
画像でもうっすらと見えますが、下に向かってパーティクルを発生させます。


.


新ブロック「Dripleaf Plant(ドリップリーフプラント)」の追加


Minecraft_117_update_6.jpg
「Lush caves(緑豊かな洞窟)」にて生成されます。
竹のようにどんどん成長していく植物で、頭の部分には常に葉っぱが付いています。
草の生えた土ブロックに設置できるようです。

Minecraft_117_update_7.jpg
Minecraft_117_update_8.jpg
プレイヤーはこの葉っぱに乗れますが、しばらく乗ったままでいると重さに耐えきれず葉っぱが傾いていき、最終的には落ちてしまいます。
誰も乗っていない状態だと徐々に傾きが回復していくようです。


.


新ブロック「Sculk Sensor(スカルクセンサー)」の追加


Minecraft_snapshot_12w49a_1.png
現状のサバイバルモードでは入手手段がありません。
クリエイティブインベントリから入手できます。

sculk5.gif
「スカルクセンサー」を中心とした、半径8ブロックの範囲内で発生した『振動』を検知します。
プレイヤーやモブの歩行、コウモリなどの羽ばたき、ブロックの設置、爆発などのほか、プレイヤーが食べ終わった時、オオカミが濡れた体をブルブルと震わせた時などにも『振動』が発生し、「スカルクセンサー」はそれを検知します。

Minecraft_snapshot_12w49a_7.png
『振動』を検知した「スカルクセンサー」は、隣接したブロックにレッドストーン信号を出力します。
この時出力される信号の強さは、『振動』の種類によって変わります。

Minecraft_snapshot_12w49a_2.png
Minecraft_snapshot_12w49a_3.png
Minecraft_snapshot_12w49a_4.png
『振動』を検知する特性を利用し、従来のレッドストーンでは成し得なかったワイヤレスな(レッドストーンの設置を必要としない)信号の送受信を可能にします。
『振動』を検知した画像手前の「スカルクセンサー」がレッドストーン信号を出力し、隣接したトラップドアを開きます。トラップドアが開いた時の『振動』を検知し、画像奥の「スカルクセンサー」がレッドストーン信号を出力します。

Minecraft_snapshot_12w49a_5.png
羊毛を設置することで、その方向への『振動』を吸収し、その先の「スカルクセンサー」まで『振動』が届かなくなります。


.

新ブロック「Lightning Rod(避雷針)」の追加



Minecraft_snapshot_12w45a_23.png
Minecraft_snapshot_12w45a_24.png
「銅のインゴット」×3でクラフトできます。

Minecraft_snapshot_12w45a_25.png
「避雷針」を中心とした、半径16ブロックの範囲内に落ちる雷は、全て避雷針に落ちるようになります。

Minecraft_snapshot_12w45a_26.png
「避雷針」に雷が落ちた時、強さ15のレッドストーン信号を出力します。

Minecraft_snapshot_12w45a_27.png
「避雷針」に落ちた雷も通常の雷と同じ扱いで、周囲のクリーパーを帯電クリーパーへと変化させたり、ブタをゾンビピグリンに変化させたりします。





記事TOPに戻る



.

アイテム関連の新要素

新アイテム「Amethyst Shard(アメジストの破片)」の追加



Minecraft_117_update_56.png
Minecraft_117_update_57.png
「アメジストクラスター」を鉄以上のツルハシで壊すことで4個までドロップします。
ドロップ数は幸運のエンチャント効果で増加します。

「アメジストブロック」、「遮光ガラス」、「小型望遠鏡」のクラフト素材になります。


.

新アイテム「Bucket of Axolotl(バケツ入りのウーパールーパー)」の追加



Minecraft_snapshot_12w51a_1.png
水入りバケツを手に持った状態で「ウーパールーパー」に対して右クリックすると、「バケツ入りのウーパールーパー」になります。


.

新アイテム「Copper Ingot(銅のインゴット)」の追加



Minecraft_snapshot_12w45a_12.png
「銅鉱石」を精錬することで入手できます。
「銅のブロック」、「避雷針」、「小型望遠鏡」のクラフト素材になります。


.

新アイテム「Brush(ブラシ)」の追加



Minecraft_117_update_41.jpg
Minecraft Liveの紹介動画では、「Archaeological excavation(発掘現場)」内のチェストから取り出していました。

Minecraft_117_update_42.jpg
Minecraft_117_update_43.jpg
「発掘現場」に生成される土や砂利ブロックを上部から払い(見た目で言うと上から削っていく感じ)、中にあるアイテムを取り出すことができます。
新アイテムである「Ceramic Shards(陶磁器のかけら)」のほか、ダイヤモンドブロック、エメラルドブロックの出現が確認されましたが、後半2つのブロックについてはまだ確定ではないようです。
ブロックを払っている途中で「ブラシ」の使用を止めてしまうと、そのブロックは中身のアイテムとともに壊れて無くなってしまいます。


.

新アイテム「Bundle(バンドル)」の追加


Minecraft_snapshot_12w48a_8.png
「糸」×2、「ウサギの皮」×6でクラフトできます。
インベントリ画面にて、「バンドル」にアイテムを持っていき右クリックするか、「バンドル」をアイテムの上に重ねて右クリックすることで、そのアイテムを「バンドル」内に入れていくことができます。

Minecraft_snapshot_12w48a_10.png
収納できるアイテムの種類に上限はありませんが、個数の上限は1スタック分です。
ツールやトロッコなどの重ねられないアイテムは1つで一杯になります。
64個までスタックできるアイテムは、合計で64個まで収納できます。

Minecraft_snapshot_12w48a_11.png
16個までスタックできるアイテム、例えばエンダーパールや卵などは、1個で4個分の扱いとなります。
エンダーパールを10個収納した場合、それだけで40個分として扱われ、砂利ブロックを24個までしか収納できなくなるわけです。

シュルカーボックスとアイテムが収納されているバンドルは収納できません。
空っぽのバンドルであれば、16個まで収納可能です。

アイテムが収納されている「バンドル」を手に持ち、右クリックすることで、収納されているアイテムを全て目の前に放り出します。
インベントリ画面で「バンドル」を持ち、空いたスロットの上で右クリックをすると、最後に収納したアイテムのみを取り出します。


.


新アイテム「Ceramic Shards(陶磁器のかけら)」の追加


Minecraft_117_update_39.jpg
Minecraft_117_update_40.jpg
「Archaeological excavation(発掘現場)」に生成される土や砂利ブロックに対して、「Brush(ブラシ)」を使用することで取り出すことができます。

Minecraft_117_update_44.jpg
Minecraft_117_update_45.jpg
Minecraft_117_update_46.jpg
「Clay Pot(土器)」の作成時に使用することでデザインをカスタマイズできるようです。
アイテムの見た目はまだ製作途中とのことで、今後変更される可能性があります。


.


新アイテム「Glow Berries(かがやくベリー)」の追加


Minecraft_117_update_5.jpg
「緑豊かな洞窟」にて生成される、「Glow Berry Vines(かがやくベリーのツル)」から入手できます。
食べられるようです。


.

新アイテム「Powder Snow Bucket(粉雪入りのバケツ)」の追加


Minecraft_snapshot_12w46a_2.png
Minecraft_snapshot_12w46a_3.png
空のバケツを手に持った状態で、雪が最大まで溜まった大釜に対して右クリックをすることで、「粉雪入りのバケツ」が入手できます。
その逆で、空の大釜に対して「粉雪入りのバケツ」を使用すると、その大釜を雪で満たすことができます。

粉雪入りのバケツを使用すると、その場所に「Powder snow(粉雪)」が設置されます。
設置された「粉雪」に対して空のバケツを使用すると回収できます。


.

新アイテム「Spyglass(小型望遠鏡)」の追加



Minecraft_117_update_65.png
「銅のインゴット」×2、「アメジストの破片」×1でクラフトできます。

Minecraft_snapshot_12w46a_12.png
手に持った状態で右クリックを長押しすると、遠くの景色を間近に見ることができます。

Minecraft_snapshot_12w48a_7.png
使用している間、プレイヤーは「小型望遠鏡」をのぞき込むような姿勢を取ります。





記事TOPに戻る


.

ワールド生成関連

新構造物「Amethyst Geodes(アメジストの晶洞)」の追加



Minecraft_snapshot_12w45a_1.png
海面(y = 63)以下、特にy = 0~40にて、まれに生成される新しい構造物です。
「Blocks of Amethyst(アメジストブロック)」のほか、「Calcite(方解石)」や「Tuff(凝灰岩)」などが生成されます。


.


新構造物「Archaeological excavation(発掘現場)」の追加


Minecraft_117_update_37.jpg
新たな構造物で、周囲の景色から動画内では覆われた森に生成されているようです。
現実の発掘現場のように、がっぽりと掘られた大きな穴と拠点のような建物があります。

この場所で生成された土や砂利ブロックに対して「Brush(ブラシ)」を使用することで、「Ceramic Shards(陶磁器のかけら)」などのアイテムを入手できます。


.


新バイオーム「Deep dark(ディープダーク)」の追加


Minecraft_117_update_17.jpg
Minecraft_117_update_18.jpg
「世界の最深部」にあるとされている、(現時点では)謎に包まれたバイオームです。
「Warden(ウォーデン)」がスポーンするほか、「Sculk Sensor(スカルクセンサー)」などのブロックが入手できます。
このほかにも、名前が明かされていない新たなブロックがいくつか見られます。


.


新洞窟「Dripstone caves(点滴石の洞窟)」の追加


Minecraft_117_update_13.jpg
Minecraft_117_update_14.jpg
たくさんの「Stalactite(鍾乳石)」、「Stalagmite(石筍)」が生成される巨大な洞窟です。


.


新洞窟「Lush caves(緑豊かな洞窟)」の追加


Minecraft_117_update_1.jpg
新たな木である「Azalea trees(ツツジの木)」の下にぽっかりと空いた穴、この穴を降りていくと「Lush caves(緑豊かな洞窟)」が出現します。

Minecraft_117_update_2.jpg
Minecraft_117_update_3.jpg
「Glow Berry Vines(かがやくベリーのツル)」、「Spore Blossom(スポアブロッサム)」、「Dripleaf Plant(ドリップリーフプラント)」を含む、様々な植物が生い茂っている洞窟です。
新モブの「Axolotl(ウーパールーパー)」がスポーンします。


.


新洞窟「Mesh caves(網目状の洞窟)」の追加


こちらのツイートにうっすらと写っている、今までにない形状の洞窟の名称のようです。
詳細はまた今度分るよとのことでした。





記事TOPに戻る



.

モブ関連の新要素

新モブ「Axolotl(ウーパールーパー)」の追加



Minecraft_snapshot_12w51a_2.png
現在はクリエイティブインベントリなどで入手できる、「バケツ入りのウーパールーパー」を使用してのみスポーンします。
ピンク、ブラウン、ゴールド、シアン、ブルーの5色が存在しており、この中でもブルーはかなりのレア種で、1/1200の確率でしか出現しません。

Minecraft_snapshot_12w51a_3.png
熱帯魚、あるいはバケツ入りの熱帯魚を与えることでラブモードに移行します。
ラブモードの「ウーパールーパー」が2匹出会った時、「子ウーパールーパー」が産まれ、その2匹のラブモードは解除されます。

Minecraft_snapshot_12w51a_4.png
「ウーパールーパー」は魚やイカに対して常に敵対的です。
また、通常は攻撃対象ではないのですが、熱帯魚、あるいはバケツ入りの熱帯魚を与えることで、ドラウンドやガーディアンに対しても攻撃するようになります。


「ウーパールーパー」はダメージを受けた時、特定の条件を満たしていれば、死んだフリをします。
死んだフリが発生する条件は以下の通りです。

①(窒息ダメージを除く)ダメージを受けた時に、1/3の確率で条件を満たします。
②内部で0~2のランダムな数値が選ばれ、受けたダメージがその数値と同じかそれ以下だった時、あるいは受けたダメージによってHPが半分を切った時に条件を満たします。

①と②の条件をどちらも満たした時、そのウーパールーパーは死んだフリをします。

Minecraft_snapshot_12w51a_5.png
死んだフリをしているウーパールーパーは10秒間その場で硬直し、敵対していたモブからもターゲットを外されます。
水中で死んだフリをした場合、再生Iのポーション効果が付与され、失ったHPを回復します。


.


新モブ「Glow squid(かがやくイカ)」の追加


mobvote_glow_squid.png
Minecraft Live 2020にて行われたモブ投票で選ばれました。
Minecraft Earthからの輸入要素となります。
光源ブロックのように光るのではなく、エンダーマンの目と同じような光り方をするようです。
洞窟内の水源にてスポーンするようです。


.


新モブ「Goat(ヤギ)」の追加


Minecraft_117_update_23.jpg
山岳バイオームにてスポーンします。
優れたジャンプ力を有しており、5ブロックくらいの高さまでジャンプできるようです。

Minecraft_117_update_24.jpg
周囲の動物モブに対して突進攻撃を行います。
子ヤギも見られたため、他の動物のように繁殖できる可能性があります。


.


新モブ「Warden(ウォーデン)」の追加


Minecraft_117_update_22.jpg
「Deep dark(ディープダーク)」にてスポーンします。
視覚ではなく周囲の音や動きなどを検知して、追跡してきます。
スニーク状態だと足音がしないので、敵対せずにやり過ごすこともできます。
また雪玉や矢などのアイテムを「ウォーデン」の周囲に向かって投げつけることで、そちらに注意を逸らすこともできます。

攻撃力が恐ろしく高く、通常状態では30ダメージ(×15)を与えてきます。
全身をネザライト防具で固めた状態であっても、13ダメージ(×6.5)を与えてきます。

開発者もこのモブと戦うことは推奨しておらず、自然災害のようにやり過ごすことを推奨しています。



記事TOPに戻る


.

ゲームプレイ関連の仕様変更

「経験値オーブ」の仕様変更



大量のオーブが発生した場合、今まで以上に1つにまとまるようになりました。
また、死んだプレイヤーを追従しないようになりました。


記事TOPに戻る


.

ブロック関連の仕様変更

「大釜」の仕様変更



Minecraft_snapshot_12w46a_1.png
雪が降っている時、設置されている大釜に、徐々に雪が溜まっていくようになりました。

Minecraft_snapshot_12w46a_2.png
Minecraft_snapshot_12w46a_3.png
最大まで溜まると、中身の雪を空のバケツで回収できるようになります。
この時、「Powder snow bucket(粉雪入りのバケツ)」が手に入ります。

Minecraft_snapshot_12w45a_46.png
溶岩も入れられるようになりました。
中に入ったプレイヤーやモブは溶岩に入った時と同じダメージを受けます。

Minecraft_snapshot_12w45a_47.png
溶岩が入っている時、大釜に隣接したコンパレータは強さ1のレッドストーン信号を出力します。
.

「草の道」の仕様変更



Minecraft_snapshot_12w45a_48.png
今までは「草の生えた土」のみが「草の道」になっていましたが、今回から「土」、「荒い土」、「菌糸」、「ポドゾル」も道状態にできるようになりました。
BEに合わせて、名前が「DirtPath(土の道)」に変更されました。
.

「レール」、「トロッコ」の仕様変更



水源、及び水流のある場所に各種の「レール」を設置できるようになりました。
それに伴い、水中であっても各種の「トロッコ」がレールの上を走るようになりました。

Minecraft_snapshot_12w45a_49.png
なお、地上よりも移動速度が落ちるほか、酸素ゲージも通常通り消費し、最終的には窒息ダメージを受けてしまいます。


記事TOPに戻る



.

アイテム関連の仕様変更

今のところなし




記事TOPに戻る


.

ワールド生成関連の仕様変更

今のところなし




記事TOPに戻る



.

モブ関連の仕様変更

「シュルカー」の仕様変更



Minecraft_snapshot_12w45a_43.png
Minecraft_snapshot_12w45a_44.png
発射した玉が他のシュルカーに当たった場合、その周囲に新たなシュルカーをスポーンさせるようになりました。
スポーンする確率は周囲のシュルカーの数によって変わり、数が多ければ多いほど新たなシュルカーはスポーンしづらくなります。


記事TOPに戻る

コメント 12件

コメントはまだありません
1:名無しのくらふたー  

1ゲット

2020/10/11 (Sun) 16:02 | 編集 | 返信 |   
2:名無しのくらふたー  

袋いいな
棒5本、羽根7枚、みたいな中途半端にインベントリを圧迫するやつをひとまとめにできるのか

2020/10/12 (Mon) 22:01 | 編集 | 返信 |   
3:名無しのくらふたー  

多い…!更新要素が多い…!
銅で武器作れたりするんかね?色的にはトライデントに似ているけど
もし作れるならドラウンドトラップが不要になるな

2020/10/13 (Tue) 21:40 | 編集 | 返信 |   
4:名無しのくらふたー  

銅(青銅)は基本的に鉄の下位互換だからあまり期待しない方がいいかも

2020/10/24 (Sat) 19:43 | 編集 | 返信 |   
5:Minecraftイェーイ  
switch ver

switchのはいつっすか?

2020/11/07 (Sat) 11:50 | 編集 | 返信 |   
6:名無しのくらふたー  

へぇ、MODみたいな追加要素だけど、今までの要素とうまく絡めてて面白そう
…ただ、石筍とかアメジスト結晶とかはもうちょっと立体的なエンティティにしてほしかったな

2020/11/13 (Fri) 12:33 | 編集 | 返信 |   
7:名無しのくらふたー  

スナップショット実装済みと実装予定の区別がつかない

2021/01/11 (Mon) 22:32 | 編集 | 返信 |   
8:名無しのくらふたー  

溶岩無限化と袋が個人的に嬉しい

2021/01/17 (Sun) 17:58 | 編集 | 返信 |   
9:名無しのくらふたー  

銅ツールなんて鉄ツールと比べたらどうしようもないゴミだろうけど、それでもどうしても銅の剣が作りたい(激寒)

2021/02/23 (Tue) 15:29 | 編集 | 返信 |   
10:名無しのくらふたー  

工業modのImmersiveEngineeringが対応したら色々と面白そう、銅インゴットや避雷針発電、スカルクセンサーを使った送電とかできそうだし

2021/02/28 (Sun) 22:54 | 編集 | 返信 |   
11:ももか  
No title

コマンドどこに

2021/04/29 (Thu) 15:37 | 編集 | 返信 |   
12:-  
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2021/07/18 (Sun) 01:41 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ