Minecraft Liveで発表されたバージョン 1.17のアプデ内容まとめ。 洞窟の生成方法の変更や新たな洞窟の追加、「銅鉱石」や「ウーパールーパー」の追加、新しい植物やボスモブ、ワイヤレスなレッドストーンシステムの構築まで盛りだくさん! ~ まいんくらふとにっき
MinecraftJE_Account_Migrate_banner.pngMinecraft_117_update_banner5.jpg

Minecraft Liveで発表されたバージョン 1.17のアプデ内容まとめ。 洞窟の生成方法の変更や新たな洞窟の追加、「銅鉱石」や「ウーパールーパー」の追加、新しい植物やボスモブ、ワイヤレスなレッドストーンシステムの構築まで盛りだくさん!

Minecraft_117_update.jpg
最初から最後まで大興奮の2時間でした。



洞窟生成アルゴリズムの変更


Minecraft_117_update_9.jpg
Minecraft_117_update_10.jpg
Minecraft_117_update_11.jpg
Minecraft_117_update_12.jpg

洞窟生成の方法が変わり、巨大な空間や地底湖などが生成されるようになります。
湧きつぶしが大変そうです。


「Lush caves(うっそうとした洞窟)」


Minecraft_117_update_1.jpg
新たな木である「Azalea trees(ツツジの木)」の下にぽっかりと空いた穴、この穴を降りていくと「うっそうとした洞窟」が出現します。
「ツツジの木」が目印になっているわけですね。

Minecraft_117_update_2.jpg
Minecraft_117_update_3.jpg
この洞窟には以下のような様々な植物が生い茂っています。


「ピンクの花(名称不明:Spore blossom?)」
Minecraft_117_update_4.jpg
「うっそうとした洞窟」にて生成されます。
画像では伝わりにくいのですが、この植物の周囲では、ネザーの「玄武岩の三角州」バイオームで発生しているような空間パーティクルが発生します。
方法は紹介されていませんでしたが、この植物は他の場所に移動させることもできるようで、この植物を用いれば好きな場所に空間パーティクルを発生させられるようになるとのことです。


「光るベリー(名称不明:Glow berries?)」
Minecraft_117_update_5.jpg
「うっそうとした洞窟」にて生成されます。
光源ブロックであり、望むならば収穫して食べることもできるようです。


「Dripleaf plant(ドリップリーフプラント)」
Minecraft_117_update_6.jpg
「うっそうとした洞窟」にて生成されます。
竹のようにどんどん成長していく植物で、頭の部分には常に葉っぱが付いています。

Minecraft_117_update_7.jpg
Minecraft_117_update_8.jpg
プレイヤーはこの葉っぱに乗れますが、しばらく乗ったままでいると重さに耐えきれず葉っぱが傾いていき、最終的には落ちてしまいます。
誰も乗っていない状態だと徐々に傾きが回復していくようです。



「Dripstone caves(点滴石の洞窟)」


Minecraft_117_update_13.jpg
Minecraft_117_update_14.jpg
たくさんの「Stalactite(鍾乳石)」、「Stalagmite(石筍)」が生成される新たな洞窟です。


「Stalactite(鍾乳石)」
Minecraft_117_update_15.jpg
「点滴石の洞窟」にて生成される、天井から地面に向かって吊り下がっている石です。
時間経過で落下してくるようで、落下地点にいるモブに(恐らく)ダメージを与えます。
鍾乳石の下に大釜を置くことで、その大釜に徐々に水が溜まっていくようです。


「Stalagmite(石筍)」
Minecraft_117_update_16.jpg
「点滴石の洞窟」にて生成される、地面から天井に向かってそびえ立っている石です。
この石に落下したモブはダメージを受けるようです。



「Deep Dark biome(ディープダークバイオーム)」


Minecraft_117_update_17.jpg
Minecraft_117_update_18.jpg
現時点ではまだその詳細は明かされていませんが、「Sculk Sensor(スカルクセンサー)」等の新規ブロックや、「Warden(ワーデン)」と呼ばれる恐ろしい新規モブなどがそこに居るようです。


「Sculk Sensor(スカルクセンサー)」
Minecraft_117_update_19.jpg
「ディープダークバイオーム」にて生成されます。
周囲で発生したブロックの設置音や足音、弓矢の発射音などの音を検知してレッドストーン信号を出力するブロックです。

Minecraft_117_update_20.jpg
隣接して羊毛を設置することで、その方向からの音の検知を無効にできます。

Minecraft_117_update_21.jpg
使用例です。
画像では分かりにくいかもしれませんが、「スカルクセンサー」の横にトラップドアを設置しています。
まず手前の「スカルクセンサー」に音を検知させ、レッドストーン信号を出力させることで、隣のトラップドアが閉じます。
この時に発生した音が後方の「スカルクセンサー」に拾われて、レッドストーン信号を出力……、という風に、レッドストーンを引かなくともレッドストーン信号を伝えられる、『ワイヤレスレッドストーン』のシステムが構築できるようになります。


「Warden(ワーデン)」
Minecraft_117_update_22.jpg
目の見えないボスモブで、「ディープダークバイオーム」にてスポーンします。
「スカルクセンサー」のように、周囲の音や動きなどを検知して、追跡してきます。
スニーク状態だと足音がしないので、敵対せずにやり過ごすこともできます。
攻撃力が恐ろしく高く、30ダメージ(×15)を与えてきます。



「Goat(ヤギ)」


Minecraft_117_update_23.jpg
山岳バイオームにてスポーンします。
優れたジャンプ力を有しており、2ブロック程度の穴であれば余裕で飛び越せます。

Minecraft_117_update_24.jpg
周囲の動物モブに対して突進攻撃を行います。



「Powder Snow(こなあああああああゆきいいいいいいいいいいいいいねえ)」



積雪のような見た目ですが、プレイヤーやモブなどのエンティティはこのブロックをすり抜けてしまうようです。
画像は公開されていません。



「Amethyst Geode(アメジストの晶洞)」


Minecraft_117_update_25.jpg
地中にて稀に生成されます。
時間経過により、晶洞の上に「Amethyst Crystals(アメジストクリスタル)」が生成されます。


「Amethyst Crystals(アメジストクリスタル)」
Minecraft_117_update_26.jpg
壊した時、「クリスタルのかけら」としてドロップします。
「クリスタルのかけら」はアイテムのクラフト素材として使用できます。



「Copper Ore(銅鉱石)」


Minecraft_117_update_27.jpg
鉄や金などと同じように、地下にて生成されます。
石炭のように1つの鉱脈に大量に生成されるみたいです。

Minecraft_117_update_28.jpg
Minecraft_117_update_29.jpg
Minecraft_117_update_30.jpg
銅のブロックは設置後、時間経過によって青錆が発生します。
雨によってさらに錆びやすくなり、最終的には真っ青になります。



「Telescope(望遠鏡)」



Minecraft_117_update_31.jpg
Minecraft_117_update_32.jpg
「クリスタルのかけら」と「銅」を素材にクラフトできます。
手に持つことで、遠くの景色を拡大して見ることができます。



「Lightning Rod(避雷針)」


Minecraft_117_update_33.jpg
「銅」を素材にクラフトできます。

Minecraft_117_update_34.jpg
設置後、雷雨の時にかなりの頻度で「避雷針」に雷が落ちてくるようになります。



「Bundle(バンドル)」


Minecraft_117_update_35.jpg
アイテムを64個まで入れられる小さなバッグです。

Minecraft_117_update_36.jpg
(恐らく)どんなアイテムやブロックでも、何種類でも、64個までなら収納できます。
「バンドル」を右クリックすることで、収納しているアイテムを取り出せます。



「Archaeological Excavation(発掘調査)」


Minecraft_117_update_37.jpg
新たな構造物で、周囲の景色から動画内では覆われた森に生成されているようです。
現実の発掘現場のように、がっぽりと掘られた大きな穴と拠点のような建物があります。


「Brush(ブラシ)」
Minecraft_117_update_41.jpg
「発掘調査」構造物にて生成されるチェストから入手できます。

Minecraft_117_update_42.jpg
Minecraft_117_update_43.jpg
「発掘調査」にある土や砂利ブロックに対して使うことで、ブロックの上部から土や砂利をはらっていき、埋まっているアイテムを掘り起こすことができます。
動画ではダイヤモンドブロックとエメラルドブロックが確認できました。

Minecraft_117_update_39.jpg
Minecraft_117_update_40.jpg
また、それ以外にも各種の「Ceramic Shards(陶磁器のかけら)」が見つかるようです。
描かれている模様が何種類かあるようで

Minecraft_117_update_44.jpg
Minecraft_117_update_45.jpg
Minecraft_117_update_46.jpg
「陶磁器」の作成に用いるようですが、こちらについての詳細はまだ明らかになっていません。



「Axolotl(ウーパールーパー)」


Minecraft_117_update_47.jpg
「Lush caves(うっそうとした洞窟)」の水源にてスポーンします。

Minecraft_117_update_49.jpg
魚を与えることで飼いならすことができます。
ドラウンド、ガーディアン、エルダーガーディアンに対して敵対し、攻撃します。

Minecraft_117_update_48.jpg
バケツにも入れられます。
超キュート!



未だに整理しきれていない部分もありますが、大まかな内容はこんな感じでした!
また別の記事で感想を述べようと思っていますが、いやあ本当に毎年毎年すごいですね。
このバージョン 1.17のアップデートは2021年中を予定しているようです。




コメント 13件

コメントはまだありません
1:名無しのくらふたー  

望遠鏡、OptifineのCキーとの併用で超望遠に!?笑
見ている方向だけ、一時的にチャンクの描画距離伸ばしてくれるとかあったら助かるかも

2020/10/04 (Sun) 15:48 | 編集 | 返信 |   
2:名無しのくらふたー  
To 1:名無しのくらふたーさん

そしてクラフター達はそれを利用した施設を作り始めるんでしょう?
知ってるんだ俺

2020/10/04 (Sun) 16:09 | 編集 | 返信 |   
3:名無しのくらふたー  

銅ブロックは錆の度合いをコントロールできれば建材として優秀そう

2020/10/04 (Sun) 16:37 | 編集 | 返信 |   
4:名無しのくらふたー  

今までのアップデートで最高の物(ボジョレーヌーボー風)

2020/10/04 (Sun) 16:38 | 編集 | 返信 |   
5:名無しのくらふたー  

並のmodを超えてくる超大型アップデート ワクワクが止まらない

2020/10/04 (Sun) 16:39 | 編集 | 返信 |   
6:名無しのくらふたー  

クロスボウに望遠鏡付けれたらなぁ...

2020/10/04 (Sun) 16:40 | 編集 | 返信 |   
7:名無しのくらふたー  

洞窟生成アルゴリズム変更が気になる所。クリーパーが降ってくる系の地形が増えないと良いのだが……(フラグ)

2020/10/04 (Sun) 17:12 | 編集 | 返信 |   
8:名無しのくらふたー  

誰も粉雪に触れてないの草

2020/10/04 (Sun) 22:03 | 編集 | 返信 |   
9:名無しのくらふたー  

こおおおこおおおろまあああでしいいいいいろくうううう

2020/10/06 (Tue) 02:02 | 編集 | 返信 |   
10:名無しのくらふたー  

ブロックにしたとたんスズが混入される銅ブロック君

2020/10/06 (Tue) 21:32 | 編集 | 返信 |   
11:名無しのくらふたー  

考古学で古代の武器とかエンチャント本とかが見つかったら面白そう

2020/10/06 (Tue) 22:57 | 編集 | 返信 |   
12:名無しのくらふたー  

避雷針の有るとこにクリーパーを誘導するような設備をつくれば、帯電クリーパー量産できる?

2020/10/08 (Thu) 18:59 | 編集 | 返信 |   
13:名無しのくらふたー  
To 12:名無しのくらふたーさん

落雷ダメージで死ぬだろう結構むずかしそう。
少し作りたいだけならトライデントでいいからなぁ

2020/10/09 (Fri) 20:40 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ